おおかみぶろぐ

それっぽく書いていく、雑記ブログ。

【思い出の服】bukht 15ss バンドカラーデニムシャツの経年変化

どうもロンウルです。

今日は私が4年前に購入したbukht(ブフト)のバンドカラーデニムシャツの経年変化具合をレポートしていきたいと思います。

興味ある人は少なそうですが・・・(笑)

bukht

https://www.diverse-web.com/products/list249.htmlより引用

bukht(ブフト)とはデザイナーの橋本哲也氏により2012年からスタートしたドメスティックブランドです。

ブフトは中東で良質なラクダの事を指し、人々の暮らしの中で非常に重宝される存在。”ブフト”の様にどのような環境下に置かれても馴染むモノ、邪魔にならないモノ創り、ドメスティックブランドの枠を越えた、 自由でクリエイティブなブランドを目指す。

ブフトのルーツは過去に創られた物や衣類。今日では古い物として扱われてしまっているこれらのアイテムと、現代をつなぐものをコンセプトとして服を作っている。上質な素材を使用し、遊び心溢れるデザインに落とし込む。

ブフト : bukht - ファッションプレスより引用

ブフトはビッグデニムやワッフルTなど名作があり、根強いファンがいます(私もその一人)。着るだけで玄人感が出るのでおしゃれさんに重宝されているブランドです。

bukht 15ss バンドカラーデニムシャツ

f:id:LONE-WOLF:20190725200017p:plain

https://gentle0529.wordpress.com/2015/07/20/bukht-band-collar-denim-long-shirts/より引用

今日紹介するのが4年前に購入したバンドカラーデニムシャツです。(写真は私ではありません。4年前ハット流行ってましたね・・・懐かしい。)

で、記録によると2015年8月20日に購入しております(笑)

私にとってこの服は大変思い入れの深いアイテムです。なので、4年前とは言え、はっきりと覚えています。

まず、この服を買ったのはオーシャンTOKYOのスタイリストである陽介さんが着用していたことがきっかけでした。4年前の陽介さんのファッションが個人的には大好きで、中でもこの服に惹かれ、バイトで貯めたお金でこの服を購入しました。

 当時の陽介さんのツイートをさかのぼりましたがこの服を着ているのはこの画像しか見つからなかったです(分かりづらい)。

デニムonデニムで合わせていたのがかっこよくてマネしていました(笑)

 

美容師さんはおしゃれで雑誌などにも取り上げられていることが多いです。美容師さんのファッションをチェックすれば勉強になるのでおすすめです(私も昔はチェックしてました)

4年後の経年変化

4年経った姿がこちら。

ブフトバンドカラーデニムシャツ経年変化

ブフト

結構がっつり色落ちしてますね(笑)

4年と言っても実際来ていたのは2年くらいですが、それでもヴィンテージ感出てきてますね。

ところどころ色がとんでます。

当時とても気に入っていてこのシャツを着まくっていました。

今、カジュアル路線に変更中でこのアイテムもまた着ていこうかなと思っているのですが、中々合わせるのが難しいです。

まとめ

以上、ブフトのデニムシャツの4年の経年変化でした。

需要はなさそうですが、思い入れのある服だったので紹介してみました。

また、ブフトは本当におすすめのブランドなので興味のある方はぜひチェックしてみてください!